FXはじめました。基礎知識1 FXって?

FXとは?

FXとは、「Foreign Exchange」の略称で,「外国為替証拠金取引」のことです。元々の意味は、「外国為替取引」です。

1.外国為替とは

海外旅行に行く時、例えばアメリカに行くなら手元の円をドルに両替します。この異なる通貨に両替することを「外国為替取引」といいます。

為替レートを「1ドル=100円」と仮定します。アメリカ旅行に100万円持っていくためにドルに両替すると「100万円÷100円」で1万ドルとなります。(手数料は考慮しません)これは、100万円で1万ドルを購入したとも言えます。つまり外国為替とはお金(円)でお金(ドル)を購入する行為で、お金で物を購入するのと何ら変わらないのです。

2.外国為替証拠金取引とは

外国為替証拠金取引(FX)とは、外国為替取引を「証拠金」で行う取引です。

「証拠金」は、取引相手に預ける「担保金」です。FXは、必ず反対売買(決済)することを約束した「差金決済」という取引を使います。「差金決済」は、総取引額の受渡しをするのではなく、売買の損益の差額の受渡しのみで取引が完結させる決済方法です。

上記の外国為替で例示したように1万ドルを手に入れるためには100万円が必要になります。しかし、差金決済を採用した証拠金取引なら、取引総額(この場合100万円)の数パーセントの証拠金を預けるだけで1万ドルの取引ができるのです。差金決済では、必ず反対売買(決済)を約束しているので、決済時に例えば5万円の利益が出ていれば証拠金に加算され、損失なら5万円が証拠金から差し引かれます。

これが、FX(外国為替証拠金取引)の基本的な取引の仕組みとなります。証拠金で取引をするFXは、少額で大きな取引が可能となり資金効率がよいことから、レバレッジの効いた取引であると言われます。「レバレッジ◯倍」と言うのは、「証拠金に対して取引総額が何倍か」を指しています。レバレッジが25倍の場合、取引総額100万円(1万ドル)のの場合4万円の証拠金で取引が成立するということです。