FX取引の準備 始めるのに何が必要?

FXトレードを始めるにあたって

取引環境について

FX取引は、FX会社専用のアプリケーションを使ってトレードすることが主流なので、インターネット環境が整ったPCもしくはスマホの準備が必須です。FX取引アプリケーションは、PC用がフル機能が使え、スマホやタブレット用が機能限定版となっています。当然、機能が充実している方が、多彩な注文決済方法を使えて素早い対応が可能になります。特に短期トレードをする際には有効性が高いと言えるでしょう。iPhoneやAndroidスマホだけでも取引は可能です。自分のトレード方針に応じた取引環境を整えましょう。

私の場合は、Macbook Pro 13inch に27インチWQHDモニターをつないでいます。画面を4分割に使っても十分見やすい表示能力です。Macbook Pro本体のディスプレイと合わせての5画面表示はかなり快適です。

FX会社に取引口座を開設する

FXトレードを始めるためには、FX会社に取引口座を開く必要があります。株式取引経験があるならとりあえず口座を持っている証券会社でFX取引口座の開設申請をしてみればいいでしょう。どのFX会社が良いのかは自分のトレードスタイルにもよるので一概には言えません。主だったところと複数開設して一番使い勝手がいいところでトレードすればいいのです。

ポイントとしては、

  1. 自分が取引したい通貨のスプレッド幅。
  2. 取り扱い通貨数。
  3. 取引ツールの使いやすさ。
  4. 入出金手続きの簡便さ。
  5. 手数料が無料・安い。
  6. 最低取引単位・最低入金額
  7. 口座開設キャンペーンの有無

などがあげられます。

ちなみに私は、楽天FX/サクソバンク証券FX/マネックスFX/DMMFX/ヒロセ通商LIONFX で口座を持っています。現時点でメインに使っているのは、ヒロセ通商LIONFX です。

デモ口座で取引になれる

FX口座を開設するとデモ口座取引ができるようになります。早速、デモ口座開設申請をしましょう。株式取引のような配当や株主優待を目的とした長期取引をすることがないFXトレードは、比較的短期でトレードを繰り返すことが主流になり、注文や決済方法など取引の仕方に慣れる必要があります。例えば注文と同時に利益確定・損切り取引を同時に予約注文をしたり、注文約定後もトレードストップで損切りラインをあげていったり、相場状況に合わせて注文変更をしたりと素早い対応をしなければならない場面もあります。

また、FX会社独自の注文方法や設定があったりするので、そのあたりも十分確認しておく必要があるでしょう。他にも、チャートの色を変えて見やすくしたり、テクニカル分析設定をしたり、トレンドラインを引いたり、何ができるのかを把握して、自分にとって使いやすいアプリケーションかどうか見極めましょう。

取引口座を決めたら入金をする

自分の投資スタイルにあったFX会社を決めたら、FX口座に資金を入金しましょう。数千万円の余裕資金があるなら複数のFX口座を使い分けることも可能でしょうが、百万円前後の資金であれば一つの口座に絞るのが懸命です。同時に出金申請の方法も確認しておきましょう。

万全に準備を整えて、FXトレードをスタートしましょう♪