FX取引の基本知識1 pipsって?

FX取引の基本知識

FXトレードを始めるにあたって最低限押さえておくべき基本的な知識やルールを確認しておきましょう。

pipsについて

FX特有のものでFXトレードに触れたことがない人にとっては聞いたこともないものでしょう。しかし、FXトレードをするにあたっては、十分理解しておくべき重要な概念です。

pips(ピップス)とは値動きの共通単位

「pips」(ピップス)は、FXで使用される通貨の通貨の共通単位で、「percentage in point」(パーセンテージインポイント)の頭文字をとって「pip」、その複数形で「pips」です。

通貨の変動状況を「円が〇円上昇」、「米ドルが〇米ドル下落」など各通貨の単位に合わせて表示するとバラバラで統一性がないものになってしまいます。様々な通貨が取引されるFXで変動幅に統一性をもたせて表現するために用いられている共通単位が「pips」です。「pips」を用いることによって「円が〇pips下落」、「米ドルが〇pips上昇」と言ったように、異なる通貨ペアでも共通の単位で変動幅をあわらすことが可能になります。

通貨ペアによって1pipの価格は変わります。

  • 米ドル/円やクロス円(ユーロ/円、ポンド/円など、円が決済通貨)の場合
    • 1pip=0.01円(1銭)
    • 10 pips=0.1円(10銭)
    • 100 pips=1円(100銭)

米ドル/円の場合、レートが100.00円から100.05円に上昇したら、5pips(5銭)の上昇と表現します。

  • 米ドルストレート(ユーロ/ドル、ポンド/ドルなど、米ドルが決済通貨)の場合
    • 1pip=0.0001ドル(0.01セント)
    • 10pip=0.001ドル(0.1セント)
    • 100pip=0.01ドル(1セント)

ユーロ/ドルの場合、レートが1.1500ドルから1.1505ドルに上昇したら、5pipsの上昇と表現します。

スプレッドについて

上記画像は、USD/JPY(米ドル/円)の注文画面です。(ヒロセ通商LIONFXより)

BID/109.695ASK/109.697 と表示されている間にブルーで囲った 0.2 と表示さている数値がスプレッドです。これは、売値と買値の差で、1取引にかかるコスト(手数料)になります。単位はpipsです。この場合1ドルの取引に付き0.2銭の手数料が徴収されます。

BID が売値・ASK が買値です。BIDとASKの差額が0.2pipsになります。例えば上記の109.695で売った場合、109.697の決済だと、プラスマイナスゼロです。109.698以上の価格で初めて利益となります。

短期売買を繰り返すような取引(スキャルピング)をする場合、一回の取引の利幅は少ないものとなるためスプレッド幅の大小は収益に大きな影響を及ぼすことになります。そういう取引スタイルの方は、できるだけスプレッド幅の少ないFX会社を選択するべきでしょう。